fc2ブログ

2019年 ボート釣り vol, 2 賀田湾

3月12日(火) 賀田湾 尾鷲シーサイドビューホテル 手漕ぎボート釣り

今年2度目のボート釣り、場所はやっぱり賀田湾。
良い天気だったこともあり、湾内にたくさんある釣り筏も賑わってました。
kata-boat.jpg

前回と違って今回は、キス釣りに絞ってきました。
なので、同じボート釣りでもタックルも違うし、同じ賀田湾でもポイントは全然違います。

この日は夜明け前の5時半から12時半までの午前釣り。
暑さ寒さも彼岸までというが、体感では寒暖よりも日が長くなったなぁというイメージが強く、
彼岸までまだ数日あるのに、もう昼夜が逆転している気分である。

この時期は、うまくはまれば数釣りもできるが、やはり早場キスの魅力は型となる。

最初の1時間ほど、風もなく、アンカーも必要のない状態が続いた。
ということは潮も動いてないので、釣れるわけもない。
まぁ、釣れないことも不思議なのだが、それ以上に
なんで、潮が止まっているときにしか釣れないヤツはおいしくないのだろう?
謎である。

朝早くからやっているのに、潮が動き始めたのは8時くらい。
そこから、10時くらいまで、15尾。
とてもいいペースだ。
これは、30いけるかも・・・と思っていたら、ストップ。
納竿までに5尾追加がやっとであった。
急に食わなくなって、他の魚がやたらと釣れた。
hamo.jpg

上写真のハモは、90cm級の食用サイズではないヤツ。(食用は60cmまで)なのでリリース。
トラギスも二桁はリリース。
この写真のわけわからない謎の魚。
nazo.jpg

持って帰って食えるかどうか調べたが、ワカランので勝負せず、廃棄。
かわいそうなことをした。
ふジのイ釣り部の掟を破ってしまった。
kiss_20190315172026482.jpg

この日の釣果
キス 20 最長寸 22.0cm
ガッチョ 1 最長寸 17.0cm

というわけで、数も型もイマイチ。
けっして、アカン数字ではないが、不完全燃焼のため、しばらくボート釣りは続くでしょう。
この謎の魚の正体が判明
釣り部のろく氏が捜してくれました。
その名は、ミシマオコゼ というらしい。
スポンサーサイト



コメント

Re: 榎本渡船

> いつも拝見しています。
> シーサイドは良く利用するが、榎本でボートの経験が無く
> 出航場所、ポイント、注意点が判りません。
> お手数ですが、宜しく教えて下さい。

永らくほっといて、すみません。
コメント頂いているのを知りませんでした。

ボートのみの場合、ホテル裏の洗濯干し場に3台ほど駐車スペースがあります。
そこから海にむかっていくと桟橋があるので、かってに乗って出港。
午前は暗いうち~午後1時までで3000円
午後は、12時~日没で真っ暗になるまでで、3000円
通しは、5000円です。
オールやボート、少々傷んでいるときがあるので、ちゃんといいのに選ぶこと。
アンカーは、自前のものを持っていくこと。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する