fc2ブログ

福井県・小浜・西小川ボート釣り

9月17日(月) 福井県・小浜・西小川ボート釣り

天気予報では、昨日から台風が九州の長崎あたりをかすめながら北上しているとのこと。
しかも、テレビでは、「強力な」って強調していた。
「ん~~。大丈夫かなぁ~」って思いながら、ハンドルを北へむけたのだった。

お話は、2日前に戻る。
今回は、業界の友人(通称くまちゃん)が、「釣りに連れてってくれ」って連絡をしてきた。
まぁ、以前から言ってたのが、なんで今日やねん? って感じである。
それでも、元々行く気マンマンで用意はしていて、天候的にスゴく迷っているときの連絡だったので、
「よしOK」って軽くのってしまった。
この日いけないと、次は3週間後になるから、ぜひとも行きたかったのである。
くまちゃんも、天候悪いので、一日ズラせるといいんだがって言うと、
「この日しかない」って言う。

そして、いよいよ出発のときが来ても、天気は益々悪い方向へとなっていた。
いつも行く尾鷲・長島方面は、すでにウネリが出ているとのこと。
天気予報は、ハズレて晴れてくれることはあっても、波が出るか出ないかは、絶対はずれない。
(すでに南方沖にある波が、いつ来るかだけなので、ハズレっこないのだ)
湾口は、一日前で5~8mと言ってたので、1/3でも湾内は2m近くある。
もはや手漕ぎボートでは不可能だな。

近畿圏の地図と予報とにらめっこしていたら、ポコンと穴が・・・開いてるヤン?
近畿すべてが、午前午後ともに降水確率雨90%の中、福井の小浜だけがなんでか晴れマーク。
波50cmと、台風なのにウネリもない。
という事で、以前に行ったことのあるボート屋に予約を入れた(村上渡船)。
ボート屋は、
「エっ、来はるん?」って感じで、そーとーイヤそうだったが、
「大丈夫、アカンかったらヤメとく、とりあえず行くから」と・・・。
予約を入れたのだった。
尾鷲・長島方面のボート屋は、予約なしで行くので、久々の予約。
これで、どーしても行かなくてはならない(というのも、よくハンドルを持った瞬間、行く場所を変えることがあるから・・ね)。

くまちゃんは、早めに着きたいというので、予定より4時間も早く出た。
向こうで寝るということ・・・らしい。
いつも、山道で酔ってしまうくまちゃんは、ずっと高速だったので、今日は元気だ。
それでも最後の7kmほどは半島の中をクルクルしなければならない。
目的地が山から見えてきた。ナビも「目的地周辺です~~終了します」とか言っている。
ほーー、よ~やくかぁって思ったとき、くまちゃんが
「酔ってきた」・・・マジかぁ、あと少しガンバレ。
・・・・
ゲボっ
・・・・
マジでぇ、横を見ると、なんだか「言っただけ」って言ってるし・・・。
それにしては、リアルやったなぁ。ほんま、危ない人や。

予定通り、満点の星空。快晴である。

そして、朝6時から釣り開始。

写真を見てもわるように、快晴である。
波もほぼない。まったくウネってない。
しかし、写真には写らない「ビューーーーーーっ」て、

やっぱし、ボート釣りは、ウネりと風には弱い。
どんな雨でもだいたいは平気だったが、風ってやっかいだねぇ。
投釣りでも、ほぼ一度もポイントに打ち込むことも出来ずに帰ったこともある。
ひさびさで、ちょっとナメてたぜ。

目的ポイントにアンカーを打ってもスグ流れるやろなぁーっ思ってたら意外と止まった。
けど、やがて流れて、結局イカダのお世話になった(くくりつけた)。
マイアンカーを使ったら流れない自身はあったが、こんな強風の日にひっかかったらイヤなので、
備え付けのブロックのアンカーを使ったのである。

コチビなアジを釣り上げつつ、止まらない風を見ながら、
いつヤメようかなぁーっと考えはじめた頃、
イカダをくくってたのので、怒られたので退散。6:00~12:30の釣りとなった。

通常どこの湾内でも、ピシって、「止めんなよ!!」って言ってくるのに、
なんだか、まわりくどい言い方してくる人だったので、
ひょっとして、いいのか? って思って言い訳したら、やはりアカンかった。
それもそのはず、そのイカダで今から作業するんだとか・・・。そりゃアカンやろ。
それなら、最初から言ったらいいのに。ちょっと弱腰?。

退散するとき、アンカーは予定通り?? 根かかっていて、とれなかった。
マイアンカーなら、取れるやけど、反対に漕ぐ必要があるのだ。
今日は反対に漕ぐことが出来んかもしれんと思っていたので、マイアンカーしようをヤメたのである。
もちろん、マイアンカーじゃないので、上げる努力はしなかった。
サクっと海底に沈んでもらった。強風の中、つまらん努力は危険だからね。。
(村上のおばさん、ゴメンなさい=でも、使われてなさそうな他のボートのヤツを補充しといたよ)
kuma3.jpg

そして、いろいろと苦労して、港についたら、風なんてなかったような平穏な港であった。
(外海はビュービューやで)
ボートの中の用具を出しながら、かたづけていると、
くまちゃんがフイに
「アンタ(オレのこと)、草履の底、取れてるで」って言ってる。
草履の底? そんなんオレには、無いけどなぁ・・・って思いながら、
オレは、自分の「ゴム一体型」の草履を見た。どこにも分離できる継ぎ目はない。

「どーも、オレとちゃうなぁ」って、かたずけながら答えると、
「じゃあ、誰か、前の人が置いていったんやろなぁ」
って言ってるのが聞こえたかと思うと、急に、
「あ゛ぁぁ~~~。ボクのやぁ!!コレぇ」
「底抜けたぁ~~」
って、言ってるし。
(ちなみに、くまちゃんの声は、ジャパネットたかた会長を連想して頂ければよろしい)
オレは、このとき、逆風の中ボートを漕いできたばかりの上、一人でかたずけていたので、
しんどくて、何のことか注目してなかったのだが・・・。
あとで、その草履と分離した底を見て、大笑いしたのは、言うまでもない。
(分離した写真も掲載しとこう)
kuma2.jpg

波止で、残ったエサで魚釣りしたら、さっき釣れていたコチビアジのさらに下を行く、ミニマム級がたくさん釣れたのだった。
kuma.jpg


釣果 8cm~15cmのアジ 155匹。他、小さい魚多数。
んで、釣果の写真はいつも通り無し。
スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

コメント

釣り・・・はがれた草履で大笑い

無理言っても、釣りに連れて行ってくれて感謝です。

僕の為に、自分の釣りを犠牲にさせてしまい申し訳ない

でも懲りずに又、つてて行ってください…お願いします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する