fc2ブログ

青岸王になる

今日は、タチウオ釣り。
そのあと、大アジ狙って、カゴをする予定で、一路、和歌山へ向かった。
準備しているとき、オレの道具一式バッグ「スキーぐつ」のひもが切れた。
うっ、カバン代えてるヒマない。そのままやぁ!ってなんとなく不吉だが、そのままスタート。


和歌山と言っても一番近くの和歌山市である。
候補として、タチ実績No1の青岸。
今年MAXニュースでは爆釣中のマリーナ。
そして、最近キレイになって、人気急上昇の田ノ浦大波止。

この中で、人がいっぱい来ても、大丈夫なとこということで、青岸とした。

ついたら、11:15。
時間が中途半端だったのか、ズッーーと空いてる。
和歌山港内側は、一番手前に2人、波止先端あたりに何人か、真ん中に1人。
河口側は、もちろん0人。
実は、河口側を覚悟していたのだが・・・。
歩くのがイヤなオレは、3人目に入ったのは、言うまでもない。
手前でも、釣果に全く影響しないのは、過去に実証済。

ウキ釣り、エサは、以前から注目していたMAXアオキビ。
結果、76cmを筆頭に4匹釣った。
なんで、たった4本で青岸王やねん??? というと、
この日夜明けには青岸近辺には、タチ0だった可能性があるからだ。
なぜなら、オレの必釣ルアー「ドジョウくん」が不発。
それどころか、夜明けわ待ちに待っていたマナティー軍団に1人のヒットもなしだったからだ。
夜中にコンスタントにゲットしていったオレの勝ち逃げ。

なぜ、広い青岸のようすが、オレにはわかるのかというと、波止場の根元にいたから。
薄明かりから日の出になり完全に夜明けなったら、タチオンリーたちは、先端から引き返して来る。
そのとき、となりのオイヤンは、オレが4匹であること報告する。
みんな1匹か0やったらしい。
オレなんて、あんまり褒められた釣りしてないので、ホントはみんなといっしょ。
だが、真実を知っているのは、オレだけだ。

1,2本目の竿を用意しているときに、もう引いていたなんて話はよくあるが、
  その通りなのである。
  2本目を投げようと、ウキの位置を確かめると、さっきあったはずのウキがどこにもあらしまへん。
  んっ~~? すると、ポコンと赤いのが浮いて、またスーっとなくなり、今年初ゲットは見逃しから始まった。


2,結局、普通のウキ釣り竿を2本出したオレは、棚ではなく、遠近に振り分けた。
  もちろん根拠はない。 
  そして、本命竿の打ち直しのために、巻き始めると、
  子分竿のウキが沈む。巻かないときは、何もおこらない。
  「モウっ」って、舌打ちならし、短い方をあげて巻き始めると、グイグイと手ごたえが・・・。
  もはや、もう釣れてるって感じ。

3, 普通に釣れた。

4,遠投した方を打ち直しのため回収。
  ゆっくりとクリクリしてたら、急にガグカクってなったので、ギュっと合わせたら釣れた。
20111024-tachi.jpg


オレは、このまま青岸で大アジも・・・って思っていたのだが、
どーしても、田ノ浦を一度見たかったので、青岸は、良い思いでのまま撤収。

約10分で田ノ浦到着。
めっちゃキレイな港。設備もよろしい(バーベQハウスもある)。駐車場もそこそこ広い。
土日はいっぱいになるんだろうなぁ。
とにかく、大波止を見てみようと歩いて行った。
マリーナの1/4くらいだな、もっと長いと思ってた。
そして、海に向かって左側には、地元衆が・・・、カゴ釣りをしていた。
みんな、しめしあわせたように同じ仕掛けだった。
7:00くらいだが、ほとんど入れ食い状態で、17cmくらいのマアジを、
まぁまぁと呼んでいて、25cmあってもマルアジを外道と呼んでいた。
どーやら、狙いはオレと同じ25cm以上のマアジのようである。
驚いたのは、コッパとは呼べないサイズのグレやチヌを結構な確率で釣っていたことである。
これは、オモロイって思って駐車場へ帰って、

だが、突然・・
・・・・睡魔がやってきた・・・爆睡・・・・

起きたら11:00頃。
よーし、オレもカゴ天秤でガンバルでぇ。
波止に着くと、すでに地元衆は撤収していた。
オレは、彼らのおったへんへ陣を張った。
アレ、天秤ないやん??? しまったったたた~~。
しゃーなしに、投げ天秤のオモリなしを使用。オモリ部分にカゴを着ける。
ん~~感度最低やね。って思いながら・・・。

仕掛けの状況は把握している。棚は底から1m。
ここは、竿2本半くらいと深い。約12mやな。ということは、7~8ヒロ。
ただでさえ感度悪いのに、と思ってたら、関係なく、毎回アジが食ってくれる。
ただ本命もこなけりや外道も来ない。
2本針に毎回、17cm平均でマアジかマルアジくっついてくる。
2時間くらいやって、アホらしくなってきて、間に5号サビキを入れた。
そしたら、一度に4匹くらいづつ釣れるようになった。
あとは、エサがなくなるまで、作業を続けただけ。
最後まで、天秤カゴの針には、別のものは掛からなかった。
(※ 写真のハゲは、途中であまりにもアジばかりなので、気分を変えるため、足元にハゲ針を落として掛けたものである)
20111024-hage.jpg



途中というか、最後の方で(オレは、ずっと爆釣中)、周りの人が増えていることに気づく。
みんなサビキをしているのに、釣れないらしい。
????? なんで?
新たにきた右隣に入った夫婦が、釣れないので、オレに聞いてきた。
「ふつうのサビキですか?」と・・・。
ふつうとは、何をかな? と思ったが、オレは聞いた。
「ウキ下は何ヒロとってはる?」
すると、
「エッ、1mくらいかな」っていいはるので、オレのを見てもらった。
ビックリしながら、ウキ下を伸ばす作業をして、実釣したら入れ食い。
左の人も、話を聞いていたのか、オレに「深いの?」って聞くもんで、
竿2つ以上と言っといたら、釣り始めはった。
オレは、大アジのために、たまたま底を釣っていたのだが、
どーやら、小アジだけでも深場にしかいてなかったという事であった。
これからの教訓にしよう。

さて、ひきあげやぁ、って、クーラーを締めたとき、カランって、何?
おぉぉ、金具取れたぁ。最後にこんなオチがあったんかぃ。
今日は、バッグとクーラーが一度に・・・・クラッシュ記念日としとこう。


っにしても、気づけば、またまた100匹を越える小アジ(中アジ?)。
調理時間2時間半。なのに、まだ、料理になってない。
調理時間=料理時間の刺身ではないだけに・・・。
小物釣り師を目指しているわけではないが、小物釣り師はホンマ大変や。

例によって、写真は、すでに調理されている。(調理中にアッって思い出す)

大きめのアジはひらきでフライの予定
20111024-fry.jpg

小さめはゼイゴを取って、南蛮用
20111024-nanban.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

コメント

ボート休みの訳

コメントありがとう。
メインフィールドに行きたいのですが、
国道169号、168号 があの12号15号台風で崩壊していたため、
ようすをみています。
迂回して行けるようにはなっていますが、時間がかかりすぎ、
全面開通を心待ちにしているところ・・・。

No title

こんにちは。
田の浦は何回か行きましたが、シーズン中週末は確かにすごい人ですね。

ボート釣行はお休みですか?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する