fc2ブログ

2023年 かかり釣りvol,5 遅ればせながら初チヌゲット

2023年 3月27日 海山フィッシングセンター

桜もところによっては満開。気温はあたたかな感じだが、まだ水温はやや低い。
前回は3月初頭に賀田湾に行ったものの、そこでも完全試合をくらい、4連敗。
ちょっとはスイングをさせてくれないかと思うここ1ヵ月。

今回は、ユーチューブのOSPさんのマネをしてアオイソメでモーニング落とし込み。
すると第1投目からなんだかアタリが・・・。
気合を入れなおして2投目、大きなアタリに2か月ぶりのフルスイング。
手ごたえアリのヤリトリは、もうタイ系統間違いなし。
エサ的に予想通りのキビレチヌ。
本命ではないものの、競技では対象魚ということで、ややうれしい。
ボーズものがれた。
キビレチヌ 33cm。
IMG_0182.jpg

続く3投目にもほぼ同じアタリで同型のキビレがきた。
時間は、まだ7時すぎ、今日は大漁かぁとホクホクしていたら、
8時にチャーリーが来たあと。

・・・・・
IMG_0183.jpg
なんと4時半まで、ノーバイト。エサ取りもなし。
お隣の筏の方はオレよりひどく、最初からずっとノーバイト。
しかし、4時すぎに35cmのチヌをよーやくゲット。

そのときウチの穂先に8時間ぶりのもやや動きが・・・
捉えられなかったが、時合い?

お隣は、家が遠いらしく4時半納竿だとか・・・。
んで、アタリエサだった残ったボケをもらった。
(オレが行ったエサ店にはなかった)

オレも残りは1時間、余裕はない。
さっそくもらったボケをさして落とし込み。
昼前からずっと2枚潮はあいかわらずなので、8Bをつけてダンゴは別打ち。

すると、すぐになんらかがスッとさわった感じ。
そのあと何もなく1分くらいじっとガマンが続く、さらにツンと来て、
10秒後くらいにズズっと抑え込みがきた、
もちろんここでフルスイング。
横で迎え船に乗り込み中のお隣さんと船長が見ている前で、初チヌゲット。
海面でヒラを打った魚体は、ひょっとして行ったのか?
と思わせた。
船長も手のひらをパット5つに開いて、こちらを見て「年無し?」と聞いてきた。
が、おしくも
47cm。
IMG_0181_202303301411290ae.jpg

そのあと、よく似たアタリがきて連発かと思ったが最後の抑え込みまで待てなくて、
フルスイングの空振り。
このまま納竿となった。

2023-0327zenbu.jpg

最後に釣れたおかげで、真ん中の8時間のことなど、頭からは消えてしまって、うれしさだけが残る。不思議なもんだ。
終わりよければすべて良しやね。
スポンサーサイト



2023年 かかり釣りvol,3 この時期らしい完全試合

2023年 2月27日 海山フィッシングセンター

今日は、誰も釣りに来てない。とてもシーーーンとした湾である。
0227-miyama.jpg

前回、前々回と違って理想的な初春の気候。風もほぼなく、潮も飛んでいない。
釣ってくれと言わんばかりなのだが、穂先はいっこうに動かず。

あまりボケは使わないのだけど、この時期は高くても必需品だからね。
最初は、そのボケで落とし込んでいろいろと探る。
広角と言っても10mくらいしか飛ばせないので、そのくらいで探る。
真下はノーシンカーでもいけるのでオキアミ上撒きもした。

8時すぎにダンゴに切り替える。アタリがないので、いっぱいオキアミ投入。
激荒もアンコづめ。
10時前によーやくアタリ一発、写真の21cmのチャリコが釣れました。
ちょっとだけキープは迷ったけど、リリース。まさかコレが唯一の捕獲魚になるとは・・・。
0227-miyama-2.jpg

ずっーーーとアタリなく、2時半。
ガン玉4号にアオイソメを広角に捨て竿的にしていたものに、ひったくるアタリ。
もつれる足をふるいただし、竿を急いでつかんだときには、すでにかなりラインでていて、数度クリクリ巻き取れたが、数度ライン出された。
正体はわからんが、やりとりの感じでは、結構なサイズなのはわかった。 
ハタ系統か、キビレ、またはマダイと推察される。エソもありかな。
が、プッツン。
ほったらかしだったので、痛恨のバラシとは言えないが、ショックはショックであった。

やっぱり海山の2時台は油断してはならなかった。

あとは、全くにごりのない透き通った海にダンゴをほりこみ続けるだけ。
ダンゴの煙幕がずっーーと見える。透けすぎや。
鳥なら、底まで見えてんのとちゃうかというぐらい。

というわけで、今年こそ達成したくなかった完全試合が達成された。

次週は体の調子がやや悪いので中止かな。
ふジのイ釣り部