fc2ブログ

2019年 ボート釣り vol, 2 賀田湾

3月12日(火) 賀田湾 尾鷲シーサイドビューホテル 手漕ぎボート釣り

今年2度目のボート釣り、場所はやっぱり賀田湾。
良い天気だったこともあり、湾内にたくさんある釣り筏も賑わってました。
kata-boat.jpg

前回と違って今回は、キス釣りに絞ってきました。
なので、同じボート釣りでもタックルも違うし、同じ賀田湾でもポイントは全然違います。

この日は夜明け前の5時半から12時半までの午前釣り。
暑さ寒さも彼岸までというが、体感では寒暖よりも日が長くなったなぁというイメージが強く、
彼岸までまだ数日あるのに、もう昼夜が逆転している気分である。

この時期は、うまくはまれば数釣りもできるが、やはり早場キスの魅力は型となる。

最初の1時間ほど、風もなく、アンカーも必要のない状態が続いた。
ということは潮も動いてないので、釣れるわけもない。
まぁ、釣れないことも不思議なのだが、それ以上に
なんで、潮が止まっているときにしか釣れないヤツはおいしくないのだろう?
謎である。

朝早くからやっているのに、潮が動き始めたのは8時くらい。
そこから、10時くらいまで、15尾。
とてもいいペースだ。
これは、30いけるかも・・・と思っていたら、ストップ。
納竿までに5尾追加がやっとであった。
急に食わなくなって、他の魚がやたらと釣れた。
hamo.jpg

上写真のハモは、90cm級の食用サイズではないヤツ。(食用は60cmまで)なのでリリース。
トラギスも二桁はリリース。
この写真のわけわからない謎の魚。
nazo.jpg

持って帰って食えるかどうか調べたが、ワカランので勝負せず、廃棄。
かわいそうなことをした。
ふジのイ釣り部の掟を破ってしまった。
kiss_20190315172026482.jpg

この日の釣果
キス 20 最長寸 22.0cm
ガッチョ 1 最長寸 17.0cm

というわけで、数も型もイマイチ。
けっして、アカン数字ではないが、不完全燃焼のため、しばらくボート釣りは続くでしょう。

続きを読む »

スポンサーサイト



2019 かかり釣り vol,2 紀伊長島カセ

2月26日 紀伊長島の石倉渡船さんに行ってきました。
ishikura2019.jpg


チヌ 0
マダイ 2 (47cm 38cm)
他 アジ少し

水温はともかく、この日はとても暖かくて、日中は、トレーナーとベストだけで充分だった。

2月~春先なんて、サシエサはオキアミのみでええでしょう。
という感じで、「オキアミ」「ボケ10匹」「激荒のサナギとコーン」「食い渋りイエロー」。
だが、これがエラいことに・・・。
実は、この日はカスアタリでさえ、ボケにしかこなかったのである。

まず最初、ダンゴ戦に挑む前に、1匹、このあとどんなに大切なのかわからないまま消費。
あとは、夕方までの時合に集中的に使用というつもりでいた。

なんやかんやと12時すぎには、ボケの残は、あと6匹となっていた。
ボケを落とすとなんらかの反応はある。
温存したいところだが、この時点では、あまりにも何もアタリがない。
アタリが欲しい。
だから、使った。

想定では、ダンゴが底に到達し、割れる、んで、数秒後何らかのアタリが来るはず。
が、今回は割れても、何も当たってこない。数秒どころかなが~い2,3分。
あ~~~、ついに、ボケまでも何も来なくなった。
あ~~~、もうダメ。

めげずに一回誘いを入れるため竿いっぱい上に上げて、ヒラヒラ落とす。
まさかの反応なし、5匹目のボケは無傷のまま回収するか? と迷っていたら、
「クイ」って、そろっと触るような小さなアタリ。でも、エサ取りアタリのツンツンではない。
穂先を少し送る。
そのとき、来た来た、キタキタ、グニューーって穂先を持って行った。

あわせると・・・ジワッーーと動き始め、
突然、グングングン、重量感のある大物の引きが来た。
これは、かつてなかった引き、チヌなら間違いなく年無しやぁって思って、竿の腰で耐える。
フロロ1.2号から1.5号に変えたばかりの新品ラインにしといてよかった。
多少強引に行くが、大事に大事に上げて行く。

ある程度の格闘を経て、姿が見えてきた。
ん? 白、アカ、白、アカ、 鯛やん。しかも脱走鯛っぽい。
なんだか拍子抜けしつつも、海面でヒラを打つその姿は「デカっ」50あるなぁって思ったが、計測の結果47cm。
madai_20190301183843a43.jpg

なんにしても、チヌじゃないけど、「よっしゃ~~」っである。
続いて、すぐにはオキアミでもいけるのではと思ってやってみるも、当たらず、
すぐに見切ってボケを投入。

すると、今度は、ダンゴが割れたらスグに当たりがクイっときた、そして、次のクイで大あわせ。
したが、乗らなかった、エっ空振り。
まずい、スグに8匹目のボケを投入。
さっきの空振りの回を再現するようなアタリ。
今度は、2度目のクイも見送って、さらにラインを送ってグニィーってなるまで待って合わす。
乗った、力強い引きである。
でも、チヌだと40はあるが、45くらい。
マダイとなると、重量に乏しいなぁと思いつつ上げてくると、やっぱりやせ型のマダイ38cmであった。
まぁ良しである。

もちろん、すぐさま9匹目のボケを投入したのは言うまでもない。
スグに当たった。
なんやコレ、なつかしい引き。
・・・・フグ再登場。

次のダンゴにオキアミとサナギをつけて投入した。
すると、またもフグ。

その次もフグ。

これでは、大事なボケは使えない。
時間は1時半。
ここからオキアミだけで、中切や広角やらをやってみるも、マルアジに遊ばれる程度。
だが、いつのまにか殻だけになってしまうオキアミが残って来て、
やっとフグのアタリがなくなった感じなってきたので、最後のチャンス。
4時前にボケ投入。

すると、割れて1分ほどたったくらいで、クニっと穂先が入って戻ってこない。
もしやチヌ。
入って行くアタリをじっと待っていてもそのまま、そしてすっと穂先が戻ってくる。
えっ~~~? 終わりィ~・・?
合わしてみるか・・・心の中で、どーする?って葛藤している。
えーい、いってまえ!!
大あわせ、ガン、スグに手ごたえが・・・、グーーーーンと引いた。
魚間違いなし。のったぁ~~~。

最初のタイみたいな重量。
これは、間違いなく年無し。
一度目より横に行く感じ、まさか、ボラ?
もう少し近くまで巻いたとき覗き込んだ。
まだ10m近くあるが、・・・・「アカい」。
マダイや。
よ~~し、上げてもたる。
と、一気に海面まで来た、そのとき、プツン。
痛恨のバラシ。
これが一匹目やったら、きっと取り込めてたはず、ちょっとラインに頼ってしまった。
ラインを見たら、キズで切れたようすはなく、引きちぎった感じ。
つまり、無理しすぎたわけや。
逃がしたサカナはデカいというが、ホントにデカかった。
1匹目と同じかそれ以上と思う。

当然、このあと、な~~~んにも来ないまま、納竿となる。
さっさとボケを使いきって、2時に帰ったらよかった。
KIMG0131.jpg

とりあえず、筏マダイ新記録。