fc2ブログ

賀田湾ボート釣り、今年最後のキス釣り

2014年 7月22日 若潮

今年最後のキス釣り。
しばらく、キス釣りを休んでいたし、
他の釣りしている間に、外道としての登場もなく、
目標200に対して、5月に、あと70と宣言して以来、
全く加算されないまま、この日に至りました。

なので、この日の目標はそのまま「70」。
70釣るまで、帰らないぞ!!
っていう意気込みで、午前5時出船。
写真は、出船直後、桟橋前から沖の湾口から上がった朝日を捉えたものです。
asahi-sao-2.jpg

大暑1日前の22日、
午前5時~午後5時のたっぷり12時間。
ねばりにねばりましたが、結局31。
今年も目標達成ならずぅ~~でした。

午前中は、いつものキスポイント(河口近辺)をチェック、
しかし、釣果はあがらず、やっと2桁というところ。
しかもサイズが17cm前後と賀田キスにしては小さい。
賀田湾のキス最盛期は6月中旬~7月頭まで、
時期が少し遅かったのか。
すでに目標に届かないのは、ほぼ確定。

お昼に1時間ほど、ひとやすみ。
そして午後、目先を変え、アジ狙いのポイントへ。
(アジを狙いながら、投げておいたらけっこういいサイズが釣れたので)                          
それが当たり。
午前とは違ってサイズがほぼ20cm越え。
最高は23.5cm。
スゴく引くので、楽しかったです。
そして、このポイントは、予想はしていたのですが、
岩礁も多く、別のものもたくさん釣れました。

中でも写真のガシラは、自己記録の29.5cm。
あがってきたときは、「何ツレ?」って、目を疑いましたね。
140722-賀田ボート

んで、マゴチのちっさいの。
140722 - 賀田ボート
さらに
マダイ26cm
ヘダイ25cm
マハタ23cm 22cm
ガッチョが10尾
ササノハベラ4尾
他、Bigトラギスなどの食べれる外道たくさん。

アジ、サバ、0なのに
後半の3時間は、ほとんど釣れっぱなしでした。

このポイント、いい感じ。
見る人が見ればわかるでしょ。
point.jpg

コレは、午前中のキスが急に重くなって、ヒラメ??
と思ってたが、かなり水面だったので、
すぐアオリだとわかった。
一応、ゆっくりと引いてきて、すくってやろうと思ったが、
やはりダメ、せめてサビキでないとね。
キレイに首に穴をあけられました。
kiss-2.jpg
時期的に、アオリなんて、おらんと思っていたが・・・。
新子のような、ちっさいのが、逃げてった。

さて、今度は、いつ行けるかなぁ。
スポンサーサイト



ドライブレコーダー装着

オークションで、2100円でした。
新品です。
IMG_0580.jpg

安いので、まだまだ値段が上がるだろうとおもったのですが、
落ちちゃいました。
IMG_0579.jpg

落とせるとは思ってなかったので、説明をほとんど見てませんでした。
「大丈夫かぁ?」って気分で、セットしたら、映像まぁまぁやんって感じ。
設定上、最低解像度みたいです。
一応SD32GBまでOKで、この解像度だと、40分/GB録画のよう・・・。
当方はデジカメ用の4GBしか持ってなかったので、これを装着。
すぐに更新されちゃいます。
前日、往路のときの鹿との遭遇も更新されてなくなりました。
早く32GBのSD買わないとね。

あと、事故時のときは振動でさかのぼって何枚か自動シャッターが落ちて、
静止画が撮れるなど、
説明書には色々書いてるはずやねんけど、
やっかいなことに、全部英語でワカランねん。
(オークション説明でしてあることをあとで発見)

んで、適当に設定をしていってるわけ・・・。
自分なりの設定が、まぁまぁうまくいったねと思って、
これな~に、と、ウラのフタを開けてバッテリーを見て、
はずしたら、「あっ」、
・・・・初期化されたのは、言うまでもない。

では、お待ちかねの映像をどうぞ。
諸事情のため、動画サイトにはアップしてませんが、
ファイルに悪意はありませんので、安心してDLしてください。

A 1台抜いたら、片側通行でストップ、真っ暗ロングトンネルまで

B 名物クルクルから下り、前半下りカーブいい感じ。後半7分より抜きまくり。

C 勢いついて制御できないまま、底抜けダムのトンネルまで

どうでしょう?
結構、いい買い物???

これで、いきなりの飛び出しや、下向いたまま突っ込んでくるスマホ自転車を轢いても、安心。
・・・、いや、ちょっとマシ。

=注意=
この映像は、早送りです。
んで、光のかげんで、黄色に見えるセンターラインは、白です。
ので、そのへんは、大人の対応で・・・4649。

淀川で手長エビ

7/1、火曜日、PM3:00~5:00 
淀川へ、手長エビ釣りに行ってきました。
かねてから、とっても行きたかった手長エビ釣り。
関東では、結構ポピュラーな、この釣り。
一度テレビで見てから、早数年、やっと実行できましした。
しかも、初めてにしては、けっこう釣れました。
tenaga-1.jpg


行ってスグは、ド干潮で、潮干狩り(名物大粒シジミ)の人が数人。
こっちは逆にテトラの影や、ちょっとした深場がポイントとなるため、
最初の20分くらいは、淀川駅から2号線まで歩きました。
いつも、ハゼ釣りは満潮狙いで行くので、淀川駅下で十分と思ってましたが、
中潮の干潮時であれだけ引いてしまうとは、思ってませんでした。
tenaga-3.jpg


エサは、付けにくかったけど、赤虫。
ハリは、ワカサギ用です(ハリス0.4)。
浮きより、シモリ4連の方が、当たりが明確でした。
でも、いつ上げていいかは、だいたいの判断です。

全部で20ほどいたのですが、バケツの水を替えようと、
カゴにひっくりかえしてエビを入れたとき、
ビョンビョンジャンプして、数匹逃げてしまいました。
tenaga-2.jpg


ちょっと減って残念、ドロももう吐いたようなので、今日食べます(笑)。