fc2ブログ

紀伊長島カセでアジ 石倉渡船 

12月9日、月曜日に長島のカセに行ってきました。
この日は、「よく釣れた日」という以外、何から何までツイてない日だった。
午前6時30分頃、カセに乗りまだまだ暗い中、仕掛けを作り始める。

カセでは、いつも作戦は決まっている。
あらかじめラインを通してあった竿にオモリだけを付け、底を取る。
底を取ったら、手でラインだけをあげて(チヌ釣りみたいに)、
チヌ3号にハリス30cmほどにして、エサはオキアミ。
そして、ガンダマを付けて再投入(ほぼ完全フカセ)。
こーして、次は、アジサビキ仕掛けの下に天秤を付けて、2本バリを流す。
カゴは、天秤の所だが、1投目はカゴは空で、2本ハリにだけオキアミ付ける。
(サビキは、8号3本なので、全長はそんなに長くはならない)
そして、全く同じサビキ仕掛けを、もう一本作り始める。
いけてるときは、もうこの状態で釣れはじめるので、仕掛け投入が最優先。

計3本の仕掛けが投入されたら、
カゴに入れるアミエビのすでに解凍されているところとされていないところを分離し、
使用しやすいようにしたり、集魚材を混ぜやすいようにしたりする。

そして、やっと、自分の釣り座の整理。
ここまでするのに、超スピードで行う必要がある。
アジは、朝一が勝負の要。
セットが終了したら、すぐにカゴにアミエビを入れ、再度投入。
これら通常アジ狙いの2本は、底15m付近と、中層8m付近に、投入されている。

ちなみに、最初の一本は、この作戦で2回に一回は、チヌ、マダイなどが釣れる。
それと違うとしても、なんらかがかなりの早いタイミングでヒットする。
前の日の余韻が残っている場合が多々あるので・・・。
ところが、この日は、空振りだった。

その一発目狙い専門竿を回収して、この海域でよく釣れているカマス狙いに変えようと、
ゴソゴソしているとき、サビキに当たりが出ている。
準備中の竿は、サンマの切り身を付け、とりあえず中途半端に投入。

当たった竿は、アジには間違いなさそうなアタリ。
多少あわてながら、クリクリとリールを巻きかけたとき、
左側の視界に、とんでもない映像が・・・・・。

中途半端に投入した竿尻がハネ上がり、すでに手の届かない空中にあるではないか!!
止めを入れてないウチに・・・・。

まだ明けきらない、薄暗い海の中へ、長年連れ添ったボクの一番竿が旅立って行った。

傷心と衝撃で打ちひしがれている中、3度ほどの入れ食いタイムが訪れる。
しかし、ことごとく、ライントラブルに襲われる。
手返し、悪すぎ。
全部、カマスのせいや。
もって行った仕掛けがほとんどなくなった。
アジが釣れているのに、カマスがかかると、下ろしている竿をすべてあげないといけない。
上にも下にも行くので、サバやソーダよりやっかいである。
それなら、竿一本ですれば? って言うかもしれないが、
入れ食いタイムに、棚を早く見切って、アミカゴ投入しておかないと、
かなり釣果に影響するのである。
なので、最低2本は必要。
そして、釣れ釣れタイム以外は全く釣れないので、
ボチボチでも釣れるカマス釣り竿で遊んでないとヒマなのである。
251209-kamasu.jpg

ちなみに、アジ狙いはボクだけで、みーーんなカマス狙いです。
ボクのカセの周りには、漁師OB(現役もいる)たちが何隻も自分の漁船でカマスを手釣りしている。
みんな魚探で探ってココにきているので、相当カマスだらけなんだろう。
彼ら同士の話が聞こえるので、聞いていると、一本釣りものは、市場で250円~400円で売れるらしい。
このカマスを釣るのは、結構むずかしいが、慣れれば漁師の半分は釣れる。
でも、以前、20匹ほど持ってかえったとき、ウチの家庭ではあんまり評判はよろしくなかった。
ちょっとなら、おいしいけど、たくさんいらないって感じ。
刺身は、その日か翌日のみ、2日目にはすでに臭みが出る。まぁ、最初からクセはあるけどね。
水分多くて、焼く、煮るはダメ。
開いて干すしかない。結局、これしかない。
でも、これだと、アジの勝ち(あくまで我が家評価です)
なので、オレはアジ狙い。おかしいか? 長島はアジが少し小さいもんね。
ただ釣るだけならカマスの方が、オモシロイかも・・・しれない、大きいから・・・。

思えば。この日、ありあえないことが来るときから起こっていたのだ。
実は、道を間違えて、30分ほどとガソリンをロスしている。
今まで、迷ったことないし、間違うはずのない道である。
カーナビをONにしてても、必要だと思ったのは、最初に来たときだけで、
この日はOFFにしていた。
結局、今もどこで間違ったかワカラナイ。

買った弁当の箸を割ったらよからぬところから折れて、使い物にならないので、
アミエビを掬うスプーンで食った(そらぁ、よく洗ったよ)。

と、こんなにツイてないにもかかわらず、釣果は、そこそこ。

カマス 8 34~36cm (写真は最長寸)
アジ 46 20cm前後 
しかし、前回(11/25)に続き、PM2:30以降、当たりが止まり、
長島湾は、死海となった。
スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用