fc2ブログ

賀田湾ボート釣り Vol,11

先週の爆釣が忘れられず、同じ賀田湾に行く。
爆とはいかないまでも、7割釣れても充分満足できるだろうから、いく前からウキウキである。

そして、今日は年間数回しか釣りに行けない相棒の六氏との釣行である。
釣れてるから行くのではなく、以前から一緒に行くと決めていた。
ツイているやつだ。

12:00~18:00予定で、いつも169号線~42号線、160kmへGo!
ところが、深夜は2時間40分ほどで着くところ、4時間かかって到着。
すでに13:00である。

先にレンタルボート代金を支払いに行くと、出てきたのは、榎本渡船の船長だった。
土曜はアジがよーさん釣れてたぞって言う。
(それ、たぶん、オレたちの知り合いのことやなぁ)
目の前に見えるイカダにくくってやれ!!
(やっぱり、聞いてたポイントやん) 
うまくいくと40cmのアジとか、ええ型のタイも来るかもしれんでぇって言われたので、
そのポイントへ。
先週のポイントに近いが底は相当深い。
よけいに期待してしまう深さであった。

さっさと、用意して仕掛けを投入。
約1時間ほど音沙汰がなかったが、14:30くらいから、ボツボツとコマイのから生命反応が出てきた。
そして、15:30すぎあたりで、まずオレの竿が曲がった。
コマイ当たりとは全く違う。まさしく25cm級のアジの引きであった。
上がってきたのは、少し小さめの23cm。
しばらくたって、六氏にも待望の当たりぃー、なのにバラし。
まぁ、スグに1尾目はゲットしていたが・・・。
それでも16:00になると、次第に当たりが頻繁になってくる。
入れ食いかぁーーと思わせては、ストップみたいな感じで、くらーくなるまで続く。
オレは、もう見えねぇーよって言ってるのに、
6は、「余裕、余裕、バッチリ見えてるでぇ」って、さかんに2本の竿を操っていた。

もはや真っ暗だけど、まだ18:00前。
まだ釣りたそうな、6氏をせかせて、陸へ戻る。

写真は撮ってないけど、榎本ホームページから拝借した写真をどーぞ。
katadayon.jpg

右向きがオレ。
左向きがろくさんの分。
最長寸は、たぶんオレの29cmだったろう。

帰りは、スムーズに3時間で帰ってきた。
スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

賀田湾ボート釣り vol,10

なんと、今年10回目の賀田である。
こんなこと、組合の役員をやってた頃は考えられなかったが、今はコッパ役人なので、お休みだらけである。
ホントは、先に武庫川リベンジ(先週タチウオ丸ホーズ)をすませないかんところ、
垂直の釣りをやりたくて、ツイツイ、やってきてしまった。

日曜日の昼頃、釣友バタくんが昨日土曜日に、行ってきた報告をしてくれた。

報告では、朝6時頃にいつものアジポイントで1匹来たあと、ノーバイト。
8時からポイントを船の航路近辺に移し、キス釣りを開始して、20cm超を10程。
コチ30cm、アコウ25cmつきで、お昼12時の納竿。
キスがデカイのばかりだったので、オモシロイということだった。

それを参考に、
それならオレも、朝一でアジ。来なかったら、そのまま移動してキス。
オレは、1日の通し釣りなので、お昼に寝て、夕方狙いということにしようという企画した。

そして、着いたのは朝一5時過ぎ、まだ星が視認できる程の夜明け前だった。
荷物を積んで、いざ出船。
聞いていた航路沿いのキスポイントに着いた。
ほんとは、このまま進んでアジポイントに行くのが作戦だったが、
じゃまくさいので、ここで店開き。
それに、キスが来るということは、カケ上がりになっているはずと言うことも考えた。
アンカーを落とすと約20m。いつもより、やや深い。
暗くても平気なように準備されていた、竿を用意してエサをつけ、落とす。
天秤カゴ釣り仕掛け、竿が短いのでサビキはつけない。

シーーン。
約30分、何もなく、夜が明けて来だした。
ん~~~、やっぱりアジポイントじゃないからなぁ。
って、少し後悔。

目も見えるようになってきたので、
もう一本用意するかどうか迷ったが、とりあえず底カゴのサビキにして落とした。
そしたら、天秤の方の穂先が海につきささっている。

「キターーッッ」
竿を持ち、リールを巻く、このひきは、まぎれもなくアジ。
そして。上がってきたのは、やっぱりマアジ。やや小振りの24cm。
でも、まだ朝一といえるこのタイムに上がったのは、
すごくオレを勇気づけたのは言うまでもない。

急いで、仕掛けをまた投入。
とりあえず、朝の時間帯に、2~3釣って、キスに移行できたらいいなぁって思いながら、
アミエビにアジパワーを混ぜていたら、
またまた、天秤の方がぐぅっーーと曲がってるやん。
これも、アジ、今度は28cm(この日のレギュラーサイズ)。

サバ混じりで入れ食い状態になったが、朝日が差してくる7時頃におさまり、
その後は、10分に一発づつくらいで何かが来た。
回遊魚だけじゃなく、久々にヘダイやチャリコも混じったので、
ここのポイントがgoodだったという事がわかったのである。

クーラーは、半分以上になり、氷を入れたらマンタンになる状態だ。
もう、昼寝して、夕方なんて言ってられなかった。
こんなの何年ぶりかなァ~~。って顔がほころぶ。

800円分も買った石ゴカイは、4匹しか使用しなかったが、
ここで、24cmのキスを釣ったので、キスポイントでもある事も確認できた。
ちなみに、バタくんは、ここではアジ釣りしなかったらしい。
たくさんの元気な石ゴカイたちは、海に帰っていった。

夜に帰るはずだった、この日、5時には家で寝ていた。
そして、第1夜は、サバの刺身でスタート。5匹全部使用。
寝ている間に娘がさばいてくれた。

2日目は、アジの刺身。6匹くらい使用。

さて、釣果であるが、
マアジ25-31cm 23尾
マルアジ 25cm 5尾
マサバ 30cmくらい 5尾だけもって帰った。10くらい釣れたと思う。
チャリコ 2尾 23cm 17cm
ヘダイ 1尾 22cm
キス 2尾 24cm 18cm
で、あった。
2012-10-22kata.jpg

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

武庫川一文字でタチウオ

分類が釣りであるが、今日は写真がない。
釣れてもない日もあるが、
今回は、被写体がホントにない。ナッシングである。

昨日は、ろく氏を誘って、午後3時から武庫川一文字へ・・・。
狙いは、タチウオ。今、結構高確率で釣れているというから、期待大。

なのだが、前述通り、

結果は、0。

でも武庫川一文字が釣れてないわけではない。
みんな釣っていた。
もちろん、ろく氏もちょっと少ないけど3本ほど。

オレだけ釣れなかった。
当たりは、4回あったのにである。しかもフッキングしたのは2回。
グングンという重みと泳ぎを感じながらも、そこまできてバラシ。
2度とも、ワイヤー切れ??? つまり整備不良である。

というわけで、このままタチウオの顔を見ないわけにもいかんし、
でも休日をつぶすほどのもんでもないしなぁってことで、
今晩から釣れるまで、修行に入ることにした。

修行は、写真が掲載される日まで続く。

でわ!!!

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

BLACK BLACK キャンディー 20個購入

BLACK BLACK キャンディーは、ここ数ヶ月、オレが愛用しているキャンディーである。
見たらわかる通り、外観は、有名なロッテ、ブラックブラックガムと同じ。
でも、キャンディーである。
つまりハッカ飴。

ガム同様、強烈なハッカりょくである。
(あえて、力はひらがな。カカになるから・・・はっか力でもいい)
black.jpg


なんで、こんなもんをわざわざ紹介するかというと、
我々のように強行日程を余儀なくされている「釣行弾丸派」には、心強い味方である事を紹介したかったからである。

(※=釣行弾丸派=前日、寝ずに夜中に出発し、着いたら即釣り開始、約10時間程モクモクと釣ったあげく、
1時間ほど仮眠し、あるいは寝ずにそのまま帰る迷惑で危険な釣り人たちのことである)

ちまたでは、「眠眠打破」とか「目がシャキ」っとかのドリンク缶がはやっているが、
オレは、ブラックブラック飴をお勧めする。

ブラック飴単独使用での一時的なシャキ度は。打破とかシャキの方がやや有利だが、
ブラック飴を舐めながら、炭酸系のドリンクを飲む。
ガムだと硬くなってしまうのでガムはダメ。
飲み物の一番のオススメは、コーラゼロ。他スプライトやセブンアップなど炭酸が多いもの。
このW使用をしたとき、シャキ度は、ドリンクタイプの倍を超える。

しかも、ドリンク型シャキ液は、そのときだけ、これは、舐めてる間、約十数分、効いている。
さらに、10粒で100円。コーラを足しても240円。
眠気にさらされる、帰り道、この240円で、どれだけ勇気を得られるか。

と、いうことをスベテの釣行弾丸派に知って欲しかった。

でも、
しかし、
ところが、

なんで、写真のようにロッテから直接買わなければならなかったか????
送料まで、払ったら高いのにもかかわらず!!

それは、売ってるコンビニ、スーパーが極端に少ないからである。
この飴が必需品となってきたオレは、その販売店の無さにガクゼンとした。
どこでも手に入るわけではない。
そういうわけで、何店舗かはチェックするようになって、
行くたびに、全部買うようになってしまっていた。

それで、弾丸ヤロウ以外にも頼みたい。
この飴の購買力を高めて欲しい。
少なくとも廃盤にならないように・・・・ちなみにブラックブラックタブレットは、前月廃盤が決定した。