fc2ブログ

恒例 余呉湖2012 ワカサギ

2月27日(月)
毎年恒例の余呉湖のワカサギ釣り。
一般にワカサギ釣りと言うという、氷上で穴開けて、糸を垂らすというスタイルを思い浮かべるが、関西では人が乗れるほどのブ厚い氷が張る湖はない。
よって、関西以南でのワカサギ釣りは、ボートか、桟橋からということになる。
ほとんど北陸と言ってもいい琵琶湖の北側に位置する余呉湖もギリギリ滋賀県。
近畿である。
もちろんブ厚い氷は張らない。
逆に氷が張りかけると、湖面がシャーベット状になるだけで、釣りにならないのだ。
この日も、氷については懸念していたが、全く問題なく、いつもの湖面であった。
風も弱く、雪もほぼ降らず、一見おだやかな早春の残雪風景であったが、
相棒の竿先ガイドが凍って糸がでにくくなるくらい気温は低かった。

さて、釣りの方であるが、開門6:00に着いたものの、いつも通りダラダラと用意して売店(発券所)へと向かう。
yogo.jpg

相棒の下調べでは手前aエリアが良いとのこと、売店の人にも確認したら、やはりそーらしい。
そして、そのaエリアを見ると、「アラ? すでに釣り座が全くない。」
しょーがないので、aエリアを背中に売店向きに釣り座を構えた。それが図の①になる。
けっして調子良くとは言えないが、コンスタントに2時間ほど釣れていたが、9時くらいにピタッと止まった。
そして、10時半頃、相棒が例年の一級ポイント②が空いており、「ここより良い」との報。
aエリアの桃色部分は、ずっと釣れ続いていたので、気になりながらも、aエリアを去る。
そして、いつもは絶対入れない②に座った。
すると、ほんの少しの間に15程追加。以後、最初の勢いはなくなったが、12時前まで続いた。
が、ここも急にストップ。しかし、背中側は釣れて続いていた。たぶん、また回遊してくると思われたが、寒さで心が折れた。

われわれは、当初の予定通り、12時過ぎに上がった(別に心が折れたからではない)。
帰って計ってみると、485g。数は昨年ほどないが、重量は昨年を上回った。今年のは昨年より平均1.5cmくらい大きい普通サイズ9cmくらいであった。
240227-yogo.jpg

通年、bエリアが人気で入る場所がに困るが、今年はaエリアがいっぱい。開門と同時に入らないと無理である。
しかし、実際釣れているのは、ピンク部分。
オレたちは、趣に欠けるのべ竿よりリール短い竿にこだわっていたが、リール短竿より、のべ竿で探る方が圧倒的に分が良かった。
これだけ差を見せ付けられると、来年は、釣果優先をかんがえなければならないかもしれない。
スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用