fc2ブログ

オレは、武庫一(ムコイチ)

9月27日 火曜日、武庫川一文字 5:00~10:00
狙っているのは、大アジ30cm超であるが、このところ、小物ばかり釣っていてる。
(実は2週間連続、紀伊長島ボート釣り)。
25cm以下でも、刺身や南蛮漬け、フライ。
外道のカワハギも肝もうまいし、鍋には最高。
30cm以下でもタイは、やっぱり王様。今回は塩焼きであった。

だが、どーしても引き味が欲しかったんや!!

そーいうわけで、今、ソーダカツオ爆釣中の武庫川一文字(通称ムコイチ)へ急遽行こうと、
寝ているときに決めた。
そーと決めたら、目覚ましを3:30にセットして、あとは起きてからとした。

そして目覚ましとともに、道具を適当に用意。
とにかく飛ばしサビキで爆釣とホームページに書いてあるんだから・・・。
そして、書いているのは、平均で20匹くらい釣っている。
とにかく、適当でも5匹くらいはゲットできるだろうって思って、
道具箱を開けて、
市販8号飛ばしサビキが3枚くらい、5号~12号までのカゴ適当な数、サビキウキ3個を確認。
あとは、前回のボート釣りのまま。
竿は手に1500円セットの波止サビキ2本にリールは、トラブルがおこりにくそうななくしてもいいヤツ2つ。
そして、弁当箱氷を2つ(市販板氷200円程度)を冷凍庫から取り出し、いざ出陣。

武庫川マックス到着。すでに4:40だ。1番船に間に合わないかもとアセる。
凍ったアミしかないので、高いけどスグに使える¥500のパックのやつと、
サシ用に生Mを1パック購入。
ダッシュで車へ。(車は修理中で、代車のため、不慣れのため、あまり急いでというわけにいかない)
それでも、どうにか1番に乗れた。¥2200。
ハァハァして受付に行ったので、手が震えて、乗船名簿が書きにくかった(ニョロニョロ)。

桟橋から約10分で、巨大一文字に到着。5番といわれる所に降りた。
サッサッとみんな手際よく、歩いていく。
オレも常連のような顔で、サッサッと歩いて行く。
前の人が、10m程おきにある階段の下(沖向きは段が高くなってる)に道具を下ろす。
次の人は、その次にある階段の下に・・・。
どーやら、階段の下が陣地の証のようである。
場所はいくらでもあるが、早く取らないと、何十メートルも向こうに行くことになる。
負けじとオレは、その次の階段を取った。
こういうときだけ、オレはすばやい。

みんな、さっさっと用意しはじめる。オレは、じっとしている。
ルアーの人は、さっそく投げはじめている。オレは、じっとしている。
サビキの人も、早々と投げはじめた。オレは、じっとしている。

暗い。まだ手元は、見えない。オレは、約10分じっとしていた。
とてつもなく、長く感じたもんだ。
そして、6:00前、やっとみんなに追いついて第1投。
浮き下は、やや深めの2ヒロ半。無反応。
回収前に、チョンと1サビキ。
すると、サッと15号浮きが消えた。
いきなり、ドラグがジッーーーて言って、プツン。(最悪・・・高ギレである)
実は、ハリス3号と強力だったが、リールに巻いてあったのはなんと1.5号。
衝撃のスタートのあと、2号巻きのリールに変えてReスタート。
この間、まだ誰も釣ってない。
ひょっとして、今日はダメとちゃうやろーなってイヤな感じ。
でも、そんな不安はスグに吹き飛ぶこととなる。
この日は曇り空だったが、だいたい明るくなりきったその頃。
バタバタとみんな釣り始める。釣れたらゴボウ抜きにして、後ろの階段に下にほりだすのである。
そして、下でシメてクーラーに入れる。
なるほど、合理的だ。
と思っていたら、オレの浮きもスッとなくなった。
合わせるも何も、もう竿は曲がっている。さっきのこともあるので、慎重に・・・。
なかなかのヤリとりで最後はゴボウ抜き、竿が竿なのでスゴク不安だった。
ソーダカツオ約30cm超(後でワカッタが小振りな方だった)。
しかし、「これやがな」「この引きが欲しかったんや.」である。

その後、3匹を追加して、アタリがパタリと止まる(み~~んな)。

オレは、下カゴを天秤にして、セイゴ針6号に2号ハリス約1.5m(コレしか持ってなかった)。
すると、この仕掛けにヒット。そして、大ヒット。ほぼ100%ヒット。
いかんせんバラシが多い。35cm超は、針がのびたり折れたりして、
半分くらい上げられなかった。
周りは、オレが5回ヒットする間に1回くらいヒットしていた(普通のサビキ釣り)。
オレが釣ると、なかなか上げられないので、周りの人は迷惑である。
すごくがんばって巻いていても、これ以上巻くと切れるとワカルので、竿で耐える。
すると横の人の浮き近くまで行くので、そのとき行くなって感じで引くと、
バシッ、針折れ、針伸び、ハリス切れのどれかになる。

そんなこんなで、エサ切れ(このパックってめっちゃ少ないので、超節約釣りだった)。
コマセなしでも、サシエサのみで釣れると思うけど、クーラーいっぱい。
10:15納竿とした。

かたづけて、久々のマンタンのクーラーは、傷み上がりの右肩には堪えた。
船には、オレと同じく引き上げ組が数人いた。
ルアーマンたちが多かった。夜明けから早朝のアオもの狙いだとか・・・。
サビキで、ソーダが5匹くらいかかったという人がいた。
他は、内側でサヨリたくさんとか、小アジ20程とかだった。

と、いうように、半分くらいの人に、船着場で取材していたが、
オレは取材されなかった。残念・・・なことはないけど。
きっと、きびしい顔をしていたはずやからねぇ。
なぜなら、釣れっぱなしの上、一度も強引に釣り寄せてないし、
普段しない、階段ののぼり降り、その上、右手は持ち上げる機能はない。
はっきり言って、修行の帰りっていう状態であったはず。
オレでも、そんな顔しているヤツに声はかけない。

だが、その日オレは、武庫一(ムコイチ)だったに違いない。

追記
ソーダカツオは、刺身以外は食えない。・・・はず。
はっきり言って、ヤッちまった状態。またアホとちゃう?状態、なんである。 
釣友、6氏へさっそくもらって頂くように連絡。
快い返事。たぶん少しと思ってるんやろなぁって思いつつ、
着いたら、強引に5,6匹おいて行った。
うちでは、結局21匹、6匹刺身でその日に食べた。この日に食べたら、メッチャうまい。
(残りは、3枚に卸した状態で、冷蔵庫に・・・。)

だが・・・。

翌日、やはり血合いは真っ黒。残り部分をカスメ取り(まるで牛肉ユッケ作りみたい)、
漬け(少し酒入れた)にして、再び冷蔵庫へ2時間ほど。
オレは、わさびをたくさん入れたいので、食べる直前に別の器で、
再度わさび漬け(けっこうセキ込むくらいが好き)。
現場で血を抜くのを手抜きしたら、絶対食えないのがワカッタ。
中には、念入りにしたヤツがあって、2日目でも白っぽかった。
現場で、1匹釣るたびに、釣りそっちのけで、念入りに血を抜いてる人がいてたのは、このためだったのかぁってワカった。
20110927-mukoichi.jpg

本日29日、冷凍にしておいた、たくさんの残骸がもっていかれました。
ソーダ釣りは、楽しい。刺身もうまい。でもなぁって、思う釣りでありました。
スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用