fc2ブログ

2011 6 ver2 賀田湾ボート釣り 雨でも平気

2011,06,20 賀田湾

今週は全部雨。
という天気予報は、はずれるはずだ。
という期待で、今日もオレは、賀田へ行く。
この日は、すべて用意万端。
どこにも立ち寄る必要がなかったので、1度もタイムロスがない。
いつもより30分遅く出発。
ようよう新しい車も手足のように動くようになってきた。
この山もこの車で、すでに3回目となる。
あんまり急がなかったが、スムーズに行き過ぎて、2時間45分で着いた。
ちょうど夜明け前、さっきまで降っていた雨も止んでいる。
雨は、覚悟の上だが、出港時くらいは降って欲しくないもんだ。
道程もツイてたが、やはりツキはあるようだ。

出港、いつもの場所へGO-
キス釣りは併用せず、底カゴのサビキが1本と上カゴの2本針を1本。
しばらくしたら軽い反応が・・・。
どー見てもサバの引き、しかもちっさい。上がってきたのは、22センチ。
迷ったあげく、ひょっとして、コレっきりということもあると、キープ。
またしばらくして、同じ反応で、同じこと。
それが、約1時間ほど続き、なんとなくクーラーはにぎわうが、全然うれしくない。
釣れるのは、サビキの方ばかりで付けエサには来なかった。

そして、やっともう一方に「ピンっ」とわずかに反応が・・・。
ずっと、置き竿だったが、たまたま手に持っていた。
クイっと、いたわるように合わせたら、グググッーーって底へ引く。
来た、サバじゃない。
背中が見えてきた、、、25cmもないかなぁ・・・アラ? キスやん。
キスやったら大きい。でもエビで釣れた。22センチだった。

そして、サビキの方は、だんだんと底取りができなくなってきた。
途中でサバか子アジ(10-13cm)で着底できない。
大きめのサバと子アジキープ。
そして、待望の中アジ(20-25cm)がサビキに来た。
子アジに交じってくるのである。

付けエサの方にも、サバが来るようになり、まったく底までいかない。
サバなので、竿を2つ出せなくなった。
ただ、付けエサの方が底まで着いたときに、マアジの25cmが2つ上がっただけにコッチにしぼりたい。
5回に1度ほど、底まで行ってくれる。
そのうち2回に1回に本命のアジが来る。
次次にサバと小アジが釣れる。小アジだけキープ。
それでも、ほとんどリリースしたはずのサバだったが結局40匹くらいいた。
そして、なんと、久々のエサ切れ。まだ10時なのに。付けエサがなくなった。
上カゴの竿をヤメて、キス仕掛けに転身。
サビキの方だけで、約30分。まるで底にいかない。結局1匹も追加できなかった。

さて、雨であるが、途中パラパラと降っては止みのくりかえし。
全く、気にならない程度。

キス釣りに専念するかぁって感じで、アンカーを上げていると、ちょっと大粒が降り始めた。
でも、気分は大漁(おおかたサバだが)なので、気にしない。
エサはたっぷり買ってきたので、充分。
前回やったような流し釣り開始。
今回は、1本竿で集中するようにした。これの方が釣れることがわかったので・・。
神社前へGO-
今日は、イカダで釣っている人がいるのであまり近づけないが、ギリギリで10mくらい航跡へポチャ。
着底でさらに糸を少しだして、ロック。
トントンと底をたたくと、ホーーラ、一発目で来た。
軽いけど、ピンギス、スタート。
ここで数匹のピンと大20cm1匹を追加し、ジャリ船前へ。
どーいうわけかジャリ船がいないので、ジャリ船のある場所でやった。
最初にバタバタっと釣れて、こりゃーーじきに20匹??
って思っていたら、ピッターーと止まる。
実は、キス釣りはじめてから、ずっーーと、めちゃくちゃ雨。
釣れてるときは、楽しくて、気にならなかったが、ノーバイトだと、
「オレって何やってんの? アホちゃう?」って思ってきて、
いっぱい釣れたので、もういいか、まだ30分以上あるけどなぁ。
と、思いながら納竿。
IMG_5281.jpg

釣果
マアジ 22cm-25cm 8
マルアジ 20cm-22cm 5
キス 20-22cm 3
ピンギス 13-17cm  10くらい
サバ 18-22cm  40くらい
小アジ 10-13cm 30くらい

今回は、他の魚は釣れなかった。(小タコ逃げた)
IMG_5283.jpg


写真は、マアジ 6匹分のお造りです。

(手振れ補正なし、接眼設定忘れた)
スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

2011 6 賀田湾ボート釣り

2011,06,06 賀田湾

報告が大変遅れましたが、
先週6月6日に尾鷲市 賀田湾に行ってまいりました。

狙いは、キスだったんですが、やはりここまできたら、
一応、大アジ30cmを狙いたくなるからしょーがない。

土曜日情報(友人が行ってる)では、3尾が25cm越えだったとか・・・。
夜明けスグにボートを出し、いつものところへ、すると第1投に来た。
(撒き餌のアミエビ凍ってて使ってないのに)

が、痛恨のバラシ、
そして、10分後くらいに、またアタリ、おっ、さっきより大きい30cmあるかも・・・。
無事、ボートの上にキャッチ。でも、針をはずした瞬間。ピョーーン。
さようなら。
その後、アジは2度と来なかった。

表層にたくさんいてる何かをゲットするため、4号サビキ(底釣りは8号)をセット。
2ヒロくらいに落としたら、いきなりヒット。
5cm~10cmの南蛮サイズがズラリ。
楽しいので、思わず50匹以上、つってしまった。
途中、スゲー引きがあって、「なんや??」って思って慎重にあげると、
ミニカンパチが・・・。小さくてもちゃんと額に8の文字がくっきり。
22cmあったので、一応「シオ」となのっておこう。
こいつが3匹釣れて、アジは散った。
サビキ終了。いよいよ本命のキス釣りに移る。

浅場であるジャリ船前は、数が釣れるのはわかっていたが、ピンギス(17cm以下)中心。
この日は、イカダに釣り人が0だったので、思い切って神社前に。
すると、良型ギスがスグに来た。22cm。
20cmを越えると1cmづつで、まったく引く力が違う。
結局22-4cmを4匹釣るこひとができて、大満足。
ちっさいのを合わせて、合計8尾と、数は揃わなかった。
20110606gashira.jpg
2011060kawahagi.jpg


12:00になって、ボートから陸にあがって、
帰り支度をするわけだが、あまりにも余ったエサを使いきろうと、
一度行ったことのあるホテルの対岸に見える波止場に行ってみた。
この後の釣り果は、アホらしくって結果だけ書きます。
アジ25cm-28cm 4尾
コッパグレ 20cm以下 いっぱい。最初の5尾くらいのみキープ。
ちゃんとしたグレ 32cm 29cm 28cm 3尾
17cmくらいの料理しにくいアジいっぱいは、すべてリリース。
20cmくらいのサバ、多数。全部リリース。
どーなってんねん。ボートいらんやん。

他にも写真にあるとってもおおきなマルハゲとガシラ。
ちなみにマルハゲ 24.5cmと
ガシラ、25cmは、オレの生涯記録である。

死んでるが活け造り風にしてみたが、まったくうまくいかなかった。
盛り付けってむつかしいなぁ。
otukuri.jpg

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用