fc2ブログ

やめられまへん。ボート釣りは・・・。

この前(10/19)釣り過ぎたので、もうヤメと言ってた尾鷲ボート釣り。
ま~たまた、行ってしまった。

今週の月曜日は祭日なので、高速が¥1000デー。
我々平日お休み組にも、たま~には政府の恩恵に預からせて機会があってもバチはあたらない。
と、思って、淡路島にカレイ狙いか、初めてだが「由良・小浦一文字」挑戦と思っていたら、
釣友のBATAくんからTEL。
「尾鷲、行かないか? 明日の午後着で・・・」
考える時間ほぼ0.5秒。「行く」

そして、おそらく今年最後であろうボート釣りへ向かった。
ちなみに、Bくんは、前々日の土曜日アジ2匹とヘダイ6匹だったらしい。
なので、あまり釣果については期待薄といった状態。

今日は12:00スタート。
いつものポイントへボートをつける。
寒いと思って、完全防寒してきたのだが、やりすぎた、ちと暑い。
予想通りあまり当たりがない。
エサとりフグもいないが、今日はサバもいない。
そのとき、突然Bくんの竿がピクッと小さく動いた。
すかさずアワセをくれてやるB。・・・ビシッ、あきらかにノッタって感じ。
ひと呼吸おいて、、、、グィーンと底へ引き込みまくる。
それでも仕掛けが太いので、けっこう強引にあげてくると、
ハタのカタチにオレンジの斑点、こいつはまぎれもない高級魚「アコウ」くんである。
しかも35cm。いい鍋でも食ってくれ。

それでも、2人してその後ヘダイ以外の当たりはなく、
Bくんはすでに、「あ~ぁ、やっぱりもう今年は、アカンのかなぁ」と敗北宣言をしていた。
でも、オレの場合、この場所に来て悪い釣りはしたことがない。
そして、4:00頃、ピークがやってきた。

突然、サバが襲って来た。
そんな時は、サバをかわしてうまく下までエサを送り込めば、本命のアジが来る。
よし、底まで耐えた、カゴをシャクル。
・・・・・・・・・・・・クン・・・クンクン・・・グングングン・・・ビシッ!!
合わせたあと、ゴンゴンと首を振るタイ系の当たりではなく、
クイーンと底の方で右往左往する感じ、まさしくアジである。
じっくりと耐えながら、くちびるを切らないように丁寧に上げる。
見えてきたのは、小ぶりだがアジ。Bも来たようだ。
時合いである。
約1時間くらい、入れ食いとまではいかないが、釣れ続いた。
時合いも終わり、あたりがみえにくくなってきた頃、エサもなくなり納竿。
やっぱり、今日も楽しい釣りとなった。
ホンマにここの海は、期待を全く裏切らない良い海である。

釣果は写真通り、ほぼ全部刺身とした。
091116-1.jpg

091116-2.jpg

ヘダイの刺身 5匹分
091116-3.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

ルアーでタチウオ、おもろすぎ

タチウオルアー釣りの「ググゥーーッッ」が忘れられなくて、
月曜日の早朝、そして、火曜日の早朝と連日行ってしまった。
月曜日は、12:00前後に泉佐野コンビナート(通称:食品コンビナート)に到着。
とりあえず、5時くらいまでは、エサ釣りである。
1:00くらいに、一度目のアタリ。
明確なポコンポコンのあと、スッーとなくなって、一度浮いてきたかと思うと、
スグにスッートなくなる。
という、教科書通りのアタリ、きっちり30数えて大アワセ。
「ビシッ」・・・・のった。
シッポのピュルピュルまでの長さは、85cm(結局コレが2日間で最長寸となる)。
そのあと、3時まで、ノーバイト。
3時~4時に3度もアタリがあるもいずれも乗らず。
遠投しないとアタリはない。だが、仕掛けが重いので、浮きの浮力が大きいので、
じきに口から離してしまうようである。
そこで、キス天秤を起用して、フカセ状態を長く(錘下を2ヒロ以上)取って、飲ませてヤル作戦とした。
これがよかったのか、今度はアタリの後、なかなか浮いてこない。そのまま1分越える。
大アワセ!! ????? 何かのったような、のってないような・・・。
引き寄せると、何かついてる。
50cm級のタチウオ。リリース。
その後、大アワセ、同級、リリース。リリース。リリース。と4連続リリース。
大変なので、仕掛けを元に戻した。

すると白々となってきた。
高速道路の明かりも消えてきた。
ヨ~~~し、どじょうルアーの登場である。
投げる、ノーバイト、投げる、ノーバイト、投げる、ノーバイト、
投げる、ノーバイト、投げる、ノーバイト、投げる、ノーバイト、
10分以上続ける。今日はダメなのかぁ?
そのとき・・・っ ・・来ない。
そして、さらに明るくなってきた。
投げる、「ググゥーーッッ」キッター・・・・・である。
75cm級。
そのあと、3投に1ゲット。くらいで、計7匹。

7時に帰った。
091109.jpg

火曜日は、どうせルアーだけしか釣れないのだから、と、
5時着、ゆっくりと用意をして、
投げる、ノーバイト、投げる、ノーバイト、投げる「ググゥーーッッ」キッター。
75cm級。
だが、プライヤーを忘れたので、外すのが大変。指2箇所ケガった。
手返し悪かったが、30分釣れ続き、5匹ゲット。
そのあと、6時半までしたがノーバイトだったので、帰った。

火曜日は、午後から出張作業だったので、ねーむたい、ねーむたい。
実は、今も眠たい。
なのに、明日の早朝、行ってみようかなァ~、なんて真剣に考えてます(笑)。
小さいけど、強引に刺身。
13匹中、5匹を刺身にした。
写真は、半身分である。だから、これが10皿分。
091109-2.jpg

意外とたくさんになる。

ポン酢であえて、丼も作った。
写真も撮ったはずなのに、どこにいったのか・・・。

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

泉州タチウオ釣り

昨日(11/3)、連日釣れ続いているという大阪泉南のタチウオ釣り。
夕方は無理なので早朝釣りへ・・・。
着いたのは2時半。
4時~5時半にかけて、当たり3回あるも、すべてノラず。
おかしい。
針がデッカイのかなぁ。
回りの人は、ボチボチと釣れてるのに・・・。
少々落ち込みギミになっているところに、空が白々としてきた。
あ~~やべェ~。
もう、ウキ釣りタイム終了やんけ!!
「今日は、ドジョウも買ってきてないので、
この釣れたことのないドショウルアーを使うしかない」
ということで、
もう気分は90%ボウズで、ルアーを投げる。

全く信用してないので、気合がはいらない。
あ~~あ、だいぶあけてきたなぁ。と、まわりを見ながら、
あと何回か投げたら帰ろうかなぁ!!
って、思いながら、大きくシャクッタ時、

突如

グググッーーって、、
「キャーっっっっっ、きったんちゃうん? コレ」
上がってきたのは、ぜんぜんおっきくないタチウオ。
でも、ドジョウルアーできたタチウオ。
め~~っちゃ、うれすいっす。
(むか~しにシーバスルアーに間違って食ってきて以来の
ルアーヒット)
さ~もう一匹。。。???
さて、どういうタイミングやったっけ?
大きくシャクッタ事しか覚えてない。

何回かタイミングを変えて、やっとヒット。
そして、同じタイミングでもう一度、すぐヒット。
でも、すでに時遅し、太陽がカッと出てきた。
まだ、いけそうだったが、まあまあ3本でいいやっ!!
さっきまでボーズやったんやから・・・。

うーん、毎日行きたい感じ。。。また来週。

タチウオ

なんて、ちっさいねん。これじぁ、ウキ釣りにはノラんわなぁ。

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用