fc2ブログ

伊藤蘭 最新

Candeis仲間のメーリングから送られてきた写真を
解像度をと輪郭を絞って、なんとか拡大しました(だけどここまで)。

ビバリーの蘭さん


そう言えば、だんなのユタカさんのコンサートツアーが今日から始まりました。
7/4は、大阪だそうです。
蘭さん劇のオフ会で知り合った「ユタカ命」の方を隊長にしたチームが、
大阪にやって来るそうです。
「大阪に行くから、よろしく!!」ってBBSに書いてありました。
って事は、「オフ会に来い」って事か?
スポンサーサイト



テーマ : 好きなタレントや女優 - ジャンル : アイドル・芸能

6さんも誘ったのだが・・・

実はイカ釣りには、相棒6さんも誘ったのであるが、、、、、

19日金曜日あたりに
そー言えば、6の野郎、22日には海が見れるだろうとぬかしていやがったな。
さて、天気予報では、雨だがなぁって思って、ダメやなとしていた。

21日夜 9時くらい
ダメもとで、天気を見直し、満潮時と日の出をチェック。
いけるんちゃう???
よし、6に電話しよう。
Telllllll、Tellllllll、Gacha。
「・・・・・・・Tadaima denwa 」ガチャ。

10時くらい携帯がなる。
てるぅぅぅぅぅぅ、てるぅぅぅぅ、チラッ、おっ6や!! 
ガチャ
オレ:「おぅ、今からどうかね?」
6:「なんか、誤解しているようやな、明日22は、石垣の海や」
(ん? そう言えば・・・親類の用事で1週間ほどと言ってたような)
オレ:「それって7月ちゃうん?」
6:「何を言うてんねん、ちゃんと言うたはずや」

(む~~~ん)
「ところで、それは、何時に家にいてたらエエん?」
と・・・もう少しで言うところだった。
コレを言ったら、あの2002年以来の暴言発動
でもアレよりはマシか。

あ~あ、それにしても、6さんは、明日あたりからしばらくは、
世界遺産エメラルドグリーンを相手に釣り三昧とは・・・・いいなぁ。

テーマ : 日記 - ジャンル : ライフ

スルメイカ、釣ったけど・・・

6月22日(月) 
泉南:食品コンビナート

最初から言っときます。
今日は魚の写真がござらん。

場所は、泉南、食品コンビナートのドラム缶の上である。
今日は、9時以降は雨との予報。
なので、深夜~7時までの釣りとする予定。

狙いはこの初夏にふさわしいチィーチィー針を使用した「ミニスルメイカ釣り」。
いつものように、助松出口からエサMAXへ。
もうひとつ先の出口で降りてからでもエサ屋あるやろぉ!!
との声もあがるだろうけど、
日曜の夜~月曜の朝は、ここで購入しないと、不安なのだ。
この時間帯閉めているところが多すぎる。
しかも、普段開けてる店まで、臨時休業がありえるからだ。

というわけで、釣りエサMAXへ。

イカ釣り準備万端。いざレジへ。
店員に、「イカは、釣れているかね?」と問いかけると・・・。
店員A「・・・・」(首をかしげる)
店員B「今は、ちょっとねぇ」
女性店員「アカンみたいやでぇ」
オレが沈黙していると・・・
店員B「南の方やったら、いいかも・・・忠岡とか・・」
オレ「おぉ、オレ佐野までいくねんけど」(忠岡より南なので)
店員B「よほど、ついてたら、いけると思いますわぁ」(テンションさがりながら)

はぁ~~っとくじけながら、店を出て、一路コンビナートへ。

ついたら、すでに市販セットつけたらいいだけにセットしてきた2本を投げる。
4ヒロと、2ヒロでスタートだ。
まず、今日の釣り座のシュチュエーションをカメラに収めました。

2時になった。全くノーバイト。あ~あ、言うてたとおりやな。
である。
よし、タナを変えるはじめる。3ヒロと1ヒロ。

さらに40分くらい、ノーバイト。

今度は、極端作戦や。5ヒロと7ヒロや。
7ヒロは、底をスリ気味でヤバイ。
調整せねば・・・と・・・その時、

5ヒロの方の浮きが、ピコピコと動いて、ノソノソと沈んでいくやんか。
ゆっくりと糸フケを取って、大きくスローリーにフッキング。
リールも緩めず、スローリーマキマキ。
すると、出てきたのはスルメイカ。まいったかMAX。

そして、2本とも5ヒロに・・・。
2:50~4:00まで、時合いだったのか、10ハイ。
オレとしては、大量。(イレ食いだったのに、バラシ多すぎ)
いよいよ、4時30分には日の出と満潮が同時にやってくる。
夢の20パイってかぁ~~と気分は、のってきた。

少し、気になっていたのだが、オレ以外誰も釣れている気配がない。
電子浮きを使って、同じような感じ釣ってはるのたが、
微妙に仕掛けが違うような気がする。
聞きに行こうかなと思ったが、
ここのドラムカンって結構聞きに行きにくいのである。
オレのような小心物には、さらに無理な話である。

そうこう思ってて気分は上々になってきたとき、
写真撮ろうと思って、まずカメラを取り出し、道具の上あたりに置いた。
そして、クーラーを開けて(オレは、生きたままタレ漬けにしない)、
横にタオルおいて、取り出しながら並べていた。
(この途中に、9~10ハイ目の浮きは動いていたのだ=大忙し)
そのとき、「ピカッ」
どー考えても車の光じゃない。もちろん、フラッシュでもない。
2秒ほどの静寂の後、

ザーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ。大粒。
たまらず、カッパを着に車へ(車横付けなので3Mほど)。
・・・というか、
もう車へ一時、避難。
ほんの10分ほどだった、小雨になり、釣りには支障なし。

・・・・。
もう、賢明な諸君はお気づきでしょう。
哀れ、私のキャノンIXY(旧型だが愛用品)は、仕掛け箱の中、
仕掛けたちと運命をともにししていた。(水没)

その後、やる気を半分なくしながら、イカ釣りは続いた。
やはり、1ハイしか追加も出来ず終局を迎えるのであった。
言っておくが、4:40まで、ずっと浮きは完全に沈むくらいアタリ続いた。
なんてヘタやねん。
でも、違う物体かもしれないという思いも捨てきれなかった。
エサの食いちらかし方が、なんともタチウオに似ているである。
(タチウオの針持ってたら、釣れたかも・・・)

完全に明るくなった(でも大曇りなのでやや暗い)5時くらいに、
かるくサビキでもして帰ろうと、
この前の失敗に懲りて4号を出す。
飛ばしウキだ。浮き下4ヒロからスタート。いきなり1匹。
(この頃、アジ専の飛ばしウキの人たちが群れてくる。)
しかも、やや大きい12cmある。予想の大きさではないな。
だが、3匹追加した直後の1投。
浮きが立たない。・・・どころが、横に走り始めた。
「んっ?」とりあえずあげなくては。
すると、バタバタ引きよるのは、なんと久々に見た小サバ(17cm)。
一応キープ。
だが、仕掛けは、パーマになってしまった。
サバでこーなるのも久々の嘆きだ。

そして、次の一投。また、サバ3匹いっぺん。めっちゃ重たい。
ほ~~~自由に泳ぎはってんなぁ。
また仕掛けは終わった。4号はなくなった。もう8号しか持ってない。
一応、投げてみたが、つれない。サバさえも・・・。
責任取れ サバのヤツぅ~~。そのときまた雨が・・・。避難。
車の中で、コーラのあてに釣ったイカを5匹食った(しょーゆとわさびは常備している)。

15分たって、空がピカピカ光り出したので、他の人は引き上げていった。
ボクもこれが潮ときと、帰路についた。5時45分くらいの事であった。

その後、この日は天気予報を大きく裏切り、
9時以降、夜まで降雨0%、曇りどころか晴れが続くのであった。

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

キーボード

キーボードを掃除しました。key-1.jpg
写真にするとちょっとましに見える。
が、実際にはもっと汚い。
key-2.jpg
ボタンをめくったらさらにひどい。
key-3.jpg
40分かかりました。
サラでしょ。 ピカピカ。 やるやん、マジックリン。
3つくらいしようと思ってたけど、ヤンピ。しんどすぎ。

テーマ : 日記 - ジャンル : ライフ

尾鷲ボート 微妙情報

友人のバタくんから、メール来た。
「キス狙ったが釣れずじまい。ベラ25センチ1。鯵20から30センチ8。以上で終わり。豆鯵は大量に群れてたけど… 」
とあった。
実は、2日ほど前は会ったとき、
「明日、尾鷲に行ってくる。でも、最近調子悪いねん」と・・・・。
オレは、15日行くかもしれんから、とりあえず、釣果報告くれよ。と・・・

むちゃくちゃ微妙だな。これ2人の釣果やからなぁ!!
どーしよー。舞子にしよーかなぁー。

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

和歌山マリーナ、連敗STOP

いよいよ、投げ釣りの夏開幕。
泉州、和歌山からは、すでにキスの魚信がつたわって来た。
情報だけが飛び交って、いてもたっていられないとはこの事。

6月8日

そこで突然だが、次の月曜日、決戦することが決まった(決めた)。
とりあえず、相棒ろくさんに連絡。
・・・・・・「イケナイmail到着」。
というわけで、ひっさびさの1人釣行だ。

行く先は、和歌山マリーナ方面。
狙いはキス。
大潮、満潮AM5:30、日の出 4:45 快晴。

和歌山方面へは阪和道で行く。
ってことは、日曜のうちに行くと、割引率が高くなるのでは?
と思ったので、早めに出立。
ちなみに往路 ¥1050 (東大阪南→和歌山)。やっスーっ。 
復路 ¥3150 (海南→水走)。

エサ屋では、なんと早くもタチウオ狙いの人や、
アオリイカ軍団、さらにサビキの方々も・・・・。
今日はキス一本やぁ~~っと思っていたが、心に迷いがァ~~~。
ついアミエビやアオイソメやくわせエビも買ってしまった。

あ~~あ、やってしまった。
でも、まぁいい、我が「何でも釣り隊、五目倶楽部」の部訓は、
釣りたいものを釣るではない。「釣れるものを釣る」である。
したがって、ノーバイトの恐怖を避けるため、
いや、後悔をしないためと言った方がよろしい。
エサは、幅広く買っておくのがベスト。

さて、釣り場だが、自動車直付けができる青岸の内港側波止とした。
少々荷物が多いと感じたからだ。
3台ほど先客がいた。
よし、オレもと、用意をしだして、夜投げ第1投。
をした頃から、?? なぜか1台2台と帰り始めた。
「エっ?」ひょっとして、ダメなの? ここわぁ?

そして、誰もいなくなった。全然帰る時間じゃないぞぉ。

約1時間半ほど、時間は3時半くらい。まったくノ~~~バイト。
ヤバイ。・・・ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ。
オレは、完全にあせっていた。

あれを思い浮かべてしまった。

オープン戦のGWシリーズでは、淡路島大惨敗。
最近、惨敗が続いているだけに、今回の戦いは、完敗だけは許されない。

・・・・・・もう、マリーナしかない。
ササっとかたづけ、車へ・・東の空がほんのり明るくなり始めた。
オレは、青岸を後にする。
すると、前から先を争うように、単車や車がやってくる。
すれ違いのとき、スッと横目で見ると、みんな間違いなく釣り人であった。
さらにクルクル橋を下って行くときも、前から先を争うように、単車や車がやってくる。

あぁっ~~、オレは間違っていたのかぁ??
舞い上がっていのかぁ?
でも、もう、あとには戻れねぇーーー!!!
爆速アクセルぅぅぅぅぅ。

マリーナ駐車場に付くぅ!!! 時間は4時半くらい。ヤバイ。
大潮は、潮は良いが時合いは短い。セッパつまってきて、
黒潮浴場を見上げながら、こんな歌を口づさんでいた。
「♪ あのビルの右がぁ、あかっるくなれ~ばぁ、よぉるぅがあっけっるっからぁん!! ♪」
(キスを止めないで by kyon2 作曲よっちゃん)
和歌山マリーナ
和歌山マリーナ2

そして、すでに仕掛けられている2本の投げ竿と軽い支度で波止へGo。
今日の釣り座は、和歌浦側へ半分ほどススンだところ(写真のところ)。
ドボン、トボンとサッサッと釣り始める。
1本は引き釣りである。

・・・・・。

・・・・・。

ヤバイ。・・・ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ。
今日は、結果が欲しいのだ。
とりあえず、サビキ仕掛けを取りに行こう。
こんなに早くコレをするとは思わなかった。

駐車場から帰ってきて、サビキセッ~ト、とりあえずは足元へドボン。
おっ~~、いっぱい寄ってくる。が、が、が、乗らない。
やっとのことで、1匹、13cmほどのイワシが釣れた。
だが、その後、同サイズが2匹追加されただけで、まったく乗らない。
なんで?
ひょっとして、サビキ針でかいのか? 7号やで。
んっ、紙に目安「15cm程の小アジ」とある。 ガァ~ン。

そう言えば、最近 大アジしか狙ってなかったので、サビキは9号以上だ。
なんとか、6号があったので、さっそくセット。
たった1号の差でも、成果はサッサと出た。
今まで、全く相手にされなかった、8cm前後のタバコサイズが連れ始めたのだ。
それでも、連ではなかなか釣れず1匹づつの修行が続く。
目の前は、ギラギラと投げたらおもりに当たるやろと思うくらいにイワシがいるのにぃ。
豆アジと合わせて120匹くらい釣ったが、カサは全く増えない。
ガシラ

キスの引き釣りをしたかったが、結局ずっとサビキをしていた。
完敗をさけたかったのだ。結果がほしかったのである。
写真のガシラは、15.5cmである。小さい方は、12cm。
最後の方でヘチ釣りで釣ったのだ。あんまり引かなかった。

ちなみに、投げ竿では、20匹近くの海毛虫をゲットした。

キスは0だが、今日は、結果が残せたので、ホッとしている。
また6月には行くとしよう。
今回の修行(サビキ)はきつくて、ほかの人が何をしていたのかほとんど見てない。

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用