fc2ブログ

祈りと怪物 の次は、いよいよ{少年H」

http://www.youtube.com/watch?v=ctJJrBw7e-c&feature=youtu.be
他方のSNSより
コレ、めっちゃオモロイので、シェア

本題は、先週(2月12日)、
シアターブラバ、大阪城横の大阪に残された数少ない中ホールまで、
ウチの奥さんと観劇してきました。
オレから誘っているので、もちろん伊藤蘭さんの舞台です。
題は「祈りと怪物」と言って、蜷川幸雄演出です。

最近は、蘭さんが大物俳優と共演することが多いので(それでも準主役級以上ははずれない)、
チケット入手に困ります。
今回は、やっと入手したそれは、S席だけど、なぜか2階。
でも、行ってわかった「S」の値打ち。
大阪人は、値打ちが大事や。ワカッテルはるなぁ蘭さん。

2階席一番前。真ん中。ほとんど目の前やん。
オレも舞台に立って、観客席を見たことがあるが(当然美容関係にきまってる!!)。

・・・
そう、目を上げれば、オレ目線YA。


前回の蜷川さんの演出「血の婚礼」は、まぁーーたく、
理解できなかったので、
(オレが双眼鏡で蘭さんばかり見てたせいでもありますが・・・)
今回も、ヤバイかなって思ってました。正直。・・・。
(ワカランかったら奥さんに質問攻めになる可能性アリ=しかも答えられない)
でも、今回はワカリやすかった。
よかったです。

実は、こんなことがあった。
舞台が終わって、いつものように、フィナーレ拍手アンコール。
そのとき、蘭さんがこっちを見て、目線をちょっと上げて、
「フフっ」ってな感じ。
あきらかにオレを見て、「フフ」。

オレは、コゲたね。(こけたんじゃなくコゲね)
っつーか、座席にめり込んだね。


ここ数年で、何回も行ってるうちにランさんもオレのこと覚えたかもしれん。
というか、濃いヤツらともいっしょに行ってたから目だって、覚えてるのかもしれないが、
(仲間には、オマエが一番濃い!!といわれるが・・・)

ランさんの目に、どのよーに目だっているかはともかく、
まぁ、うれしぃーことでは、ある。
スポンサーサイト



テーマ : 好きなタレントや女優 - ジャンル : アイドル・芸能

今日は、伊藤蘭さんのお誕生日です

今日は、蘭さんの何回目かのお誕生日です。
ハッピーバースデー



408620_1356136033[1]
写真は、今月にラジオ出演されたときの写真。最新版です。
(ランラボHPより拝借)

今日も蘭さんは、舞台「祈りと怪物 ~ウィルヴィルの三姉妹~ 蜷川バージョン」に出演中
オレも2月に見に行く(現在東京公演中)

テーマ : 好きなタレントや女優 - ジャンル : アイドル・芸能

宮沢賢治作品朗読会、伊藤蘭の日

朗読会は、初めてだったので、他のと比較はできなかったが、
想像していたより、音や光の演出が多かったので、まるで劇を見ているようだった。
残念だったのは、蘭さんがなかなか前を向いてくれなかったこと(朗読やから当たり前だけどね)

会場には、やたら女性が多く、たぶん江口洋介ファンが多いのだろうというのが伺えた。
またしても、蘭さん組としては、アウェイである。

まぁ、朗読内容は、宮沢賢治の「注文の多い料理店」~「雨にもマケズ」etcの有名な一説なので、
特に何も報告することはないでしょう。
雨ニモマケズは、江口洋介くんがやったのだが、できれば、蘭さんにやってほしかった。

この日は、朗読会も大事だが、その前後のエピソードも多々ある。
まぁ、それの一部を報告しよう。

5月21日(月)6:15頃、ボクは渋谷駅いた。
渋谷には尋常ではないくらい人がいた。大阪梅田駅のMAXの1.3倍はいたはず。
毎日万博やなぁって感じ(1970大阪を知らん人は、この比喩はムリ)。
この日、この時間、例の渋谷駅ケンカ刺傷事件があった時である。
でも、渋谷駅はデカイ、ボクはそんなことがあったことも介さず、
会場が三軒茶屋にあるので、ひたすら、田園都市線というのを捜していた。
6:40までには着く必要があったので、少しアセっていた。
東京の人たちは、歩くのが遅いので、少し助かる。
ようよう見つかって、キップを購入し、ホームへ・・・。
と、すると、今にも発車寸前の列車が・・・。
間にあった。
ドアが閉じ、進み始めると、「コレって間違いない?」って不安になってきた。
が、すぐ着くと聞いていたので、間違いだったにとしても降りて、
引き返そう、少し時間にゆとりがあるし・・・。
それにしても、ドアの上に書いてある路線図に、田園都市線はないし、三軒茶屋もない。
しょーがないので、前に立っている女性に、
「コレって三軒茶屋にいくん?」って聞いてみようと思った瞬間。
なんだか、明るい、まるで、駅みたいなところをスッウーーって通り抜けた。
ボクは、背中がサァーーーっとなった。
そして、前の人に
「地下鉄に急行ってあるんですか?」って聞いた。
すると、振り向かず、ドアに映っている顔を見て、
「ありますよ」ってニッコリ。
オレは、終わったって、ホントーに思った。
近鉄快速急行 鶴橋~生駒 間 や
JR快速 梅田~三宮ノンストップ を思い浮かべていた。
そのとき、「三軒茶屋ぁ~三軒茶屋ぁ~」

ボクは、ヘロヘロヘロ~~ってなって電車を降りたのだった。
着く前から精神的に疲れてしまった。

エピソード、その2
朗読が終わり、場内が、明るくなった。
劇じゃないので、アンコールもない。
みんなが、立ち上がり出口へ向かう。
ボクは、場所が悪かったせいか、だいぶん遅れた。
出口は、まだまだ渋滞である。
それでも出口へ向かう階段を一歩ずつ、歩を進めていた。
そのとき、後ろからなんかワカランが、声が・・・。
すると、ボクの前のロングヘアの女の子が振り向いた。
その女の子は、みょーにオーラのある、他とは違う、まさに輝いて見えた。
手をあげてピョンピョンと飛んでいる。
オレの顔の前を(50cmほど前)顔が上下に、と、その顔が。。。
どっかでよく見たような・・・。
「おおっぉぉ、しゅ・り・ちゃ・ん?」(言葉に出てないよ・・ボクはすでに固まっているので)
しゅりちゃんとは、趣里と書く、蘭の娘であり、2世タレントでもある。
もちろん、水谷豊の娘でもあるので、相当ランクの2世タレントである。

ボクは、このことをその後のミーティング(宴会)で、ファンメンバーの1番の友人に報告した。
すると彼は、
「声はかけたのか」、
「サインしてと言ったか」、
「握手を求めたか」って矢継ぎ早に聞いてきた。
ボクは、「何もできなかった。(というか、まともに見る事さえできなかった)」と言った。
すると、彼曰く、「それが蘭さん本人ならどうするつもりだったんだ。」
と・・・。
さらに、「いつ、どこで会ったとしても、ボクは心の準備は、している。」
「毎日、つぎの角を曲がったら蘭さんが前から歩いて来るかもしれないという緊張感を持っているんだ。」
そして、ボクに向かって指を差し、今回の名言を言い放った。
「346くん! 東京に住むとは、そう言うことなんだよ。」って。

なるほど、たしかにそーいう事かもしれん。
東京って、やっぱりすげぇなぁ、地下鉄といい・・・。

東京滞在時間わずか6時間。
このように、格の違いをみせられ、スゴスゴと大阪に帰ってきました。

テーマ : 好きなタレントや女優 - ジャンル : アイドル・芸能

蘭さんの朗読会のため出発

明日は、いよいよ、東京に行く日です。
(蘭さんの朗読会=その後、蘭倶楽部メンバー呑む、渋谷かなぁ?)
早く行きたかったが、ギリギリの3時新大阪出発。
そして、スカイツリーを見ることもなく、12:00の夜行バスで帰る。
まさに、弾丸ツアー。

テーマ : 好きなタレントや女優 - ジャンル : アイドル・芸能

朗読を聞くのは、双眼鏡で見たらダメ?

先だって、伊藤蘭さんと夫の水谷豊さんが28年ぶりに共演するというニュースが芸能ニュースを飾っていました。
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2012/03..

もちろんオレは、見に行くにきまってる!!
って言っても、公開は、まだ来年のこと。
PDVD_011.jpg



それよりもお話は、
近日中のお話。
朗読「宮沢賢治が伝えること」ってのがあって、
コレコレ
http://www.siscompany.com/kotoba/
コレに出演というか、朗読係りとして、蘭さんが出はるわけサ。

また東京かァ~。とぉいなぁーと思いつつ。
まぁ尾鷲より近いかもな・・・時間的に。とも思う。
それでも、是非とも行かねばならん。

日程を見ると、イベントは1ヶ月もある中、蘭さんの担当朗読日は、たったの一日。
それが、なぁーんと月曜日(関西ではさんぱつ屋の定休日は月である)。
オレのための日程やんか、コレ。
しかし、よくよくダイヤリーをめくってみると、この5/21は、大変な予定が入ってる。
業界の総会が入ってるやん。
まぁ、そんなん、なんくるないさー。早引きや。
と、心に決めたら、さっそくチケット入手へーーーーーーー、いつもより簡単にS席ゲット。

しかし、朗読するのを見に行くってのもなんやら変な感じやけど、どんなもんなのかねぇ。
双眼鏡で覗いたら、はしたないのかねぇ。
最近、めぇー悪いしなぁ。困ったもんだ。
超拡大スコープ付、コナン眼鏡でもあれば・・・。


・・・っっっっまに、メガネ買わんならんときが来たかもな。

テーマ : 好きなタレントや女優 - ジャンル : アイドル・芸能